厄除け・商売繁盛・結婚式・七五三・お宮参り・人形供養・交通安全・八方除け・地鎮祭は、群馬県の由緒ある神社 玉村八幡宮

〒370-1132
群馬県佐波郡玉村町下新田1番地
直接のお問い合わせはこちら 0270-65-2305

お知らせ・インフォメーション

2013-11-14 ハートの種(フウセンカズラ)の育て方

日当たり・置き場所
日当たりと水はけの良い場所を好みます。

水やり・肥料
肥料を好む植物です。真夏をのぞいて月3回ほど液体肥料を与えます。ただし、チッソ分の多い肥料を与えると果実が落ちる原因にもなります。できればリン酸分の多い肥料を使いましょう。

かかりやすい病気・害虫
特にありません。

植え付け・用土
水はけの良い土であれば、特に選ばずによく育ちます。

ふやし方
春に芽が出て夏に花(果実)を付け冬には枯れてしまう一年草なので、毎年タネをまいて育てます。
タネは発芽率がよいですが気温が低いと発芽しません。発芽適温は20~25℃で、まき時は遅霜の心配のなくなる4月下旬~5月です。あわてて早まきせず、気温が充分上がってからタネをまきましょう。タネをまいた後は軽く土をかぶせて芽が出てくるまで乾かさないように管理しましょう。
タネは箱やビニールポットにまいて、ある程度の大きさ(本葉4~5枚)になったら植え付けてもよいですし、鉢やプランター、庭に直接まいて成長の遅いものや弱々しいものを間引きながら育ててもよいでしょう。植え付ける数は6~7号鉢(直径18cm~21cm)に3株くらいが目安です。

手入れ
気温の上昇とともにぐんぐんと生長していくので、早めに支柱を立ててつるをからませる準備をしておきましょう。フェンスやトレリスに絡ませるのもよいでしょう。鉢植えにする場合はアサガオによく使うあんどん支柱を使うと場所もあまりとらない上に見栄えもよいです。
ある程度伸びてきたら、芽の先端を摘みます。そうすると脇からも新たに芽が出てきてよく茂ります。